短期投資と長期投資のイメージ

8 10月 2014 | Posted in: 投資関係

皆さんは投資というとどういったものを想像するでしょうか?おそらく多くの人が想像する投資というのは、株式や通貨などを購入し、利益が上がったタイミングで売却することで大きな利益を得る、というものかと思います。このイメージも投資としては間違っていないのですが、あくまでもこれは短期投資のイメージです。

実は投資にはこういった短期間で投資効果が現れるものだけではなく、長い時間を掛けて投資効果を回収しようとする長期投資というものも存在しています。では、短期投資と長期投資、どちらの方がよいのでしょうか?

これは一概にどちらが良いということはできません。短期間でもって大きな財を築こうとするなら短期投資に軍配が上がりますし、リスクをできるだけ少くして資産を運用したいというのであれば長期投資の方が有利となります。

投資を考える時に重要なのは、自分が求めている投資のスタイルを正しく把握することです。長い時間が掛かっても良いので、確実に資産を増やしていきたいとかんがえるのであれば、長期投資を選択する方がよいでしょう。長期投資の方が短期投資よりも把握しておくべきノウハウが少く、比較的低いハードルで始められるというのもポイントです。

30─40代は金融危機下でもヘッジファンドに積極投資(アブラハム高岡氏)

Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

This is a Gravatar-enabled weblog. To get your own globally-recognized-avatar, please register at Gravatar.

Contributors