Articles in the 投資関係 Category

不動産投資の魅力は安定した家賃収入

資産づくりが難しい状況の中で、何とか老後の生活に役立つ資金を作ることができないかと考えている人は多いでしょう。
いま銀行の預金は低金利、株は景気が安定するまで不安定な状態で、株価下落や会社倒産といったリスクがあります。このような状態であると、将来において必要となる資金づくりがなかなか進まなくなります。そこで、安定しながらも、もっと高い利益が期待できる資産形成が求められるようになっているのです。
いま効率の良い資金形成方法として、投資が行われるようになり、不動産投資が注目されるようになっています。かつてバブル時代は土地の売買によって利益を上げていました。しかし、今では、このような方法では利益が期待できません。
現在は、不動産を賃貸して家賃収入を得るといたことが主流となり、景気がよくない今、賃貸による家賃収入は比較的に安定した方法としてきたいされるようになっています。この方法は、確実に収入が得られる方法として行なわれるようになり、賃貸による不動産投資は今後活用されるようになるとされています。
このように、不動産投資では、家賃による収入が安定しているため、資産づくりとして最適なものと考えられるようになっているといってよいでしょう。

[12 6月 2015 | No Comment]

REIT投資のメリット

REITの利益の元となるのが買った不動産が得る賃貸収入です。賃貸収入は株価などとは異なり経済の動向によって値動きするものではありませんので、大幅に収入が下落するリスクがありません。そのためREITは収益も安定しており、分配金も比較的安定して支払われています。
また、REITは得た利益の分配金の90%以上を分配することで、REITは法人税が免除される仕組みになっています。一般の株式会社にはこのような仕組みはありませんので、必然的に株式投資に比べてたくさん分配金が支払えることになります。
また、REITは不動産投資のデメリットを補う役割があります。不動産投資は流動性が低い資産と言われていました。特定の不動産を買おうと思っても購入するまでのフローが複雑で、しかも時間が掛かります。売却するにせよ、不動産会社に仲介してもらい、広告を作り、商談を進めて売却を進めていきますが、どれだけスムーズに取引が進んだとしても、お金を受け取るまで最低1ヶ月は要します。
それに引き換え、REITの場合は株式と同じように証券会社を通して売買を行いますので、タイムリーな取引ができます。
これまで問題だった流動性の低さをカバーするのがREITの魅力です。

[6 5月 2015 | No Comment]

お金を貯めるのが苦手な人は

生活に必要なお金ですが、なかなか貯蓄できない人っていますよね。30代なのに、貯金ゼロなんて悲惨な状態になる前に、積立投資でお金をラクラク貯めることができますよ!積立投資は、口座から自動的に投資するので、無理なくスタートすることができますよね。しかも、投資で得た利益は配当されるので、ちょっと贅沢な料理やエステ、旅行を楽しむこともできます。
ここで、投資を成功さるための秘訣を紹介します。それは、何故投資をするのかという目的をはっきりともつことです。ただ、なんとなくするのであれば、今まで貯蓄ができなかった人であれば、同じ結果となるでしょう。しかし、目的をもって投資をすることで、おのずと行動も具体的になるので、積立投資で理想の結果をてにいれることができるのです!
夢を叶えたいのは、誰しも願うことですが、実際に夢を叶えている人は、極わずかですよね。その違いは「投資」にあります。リスクが不安だとう人でも、積立投資なら長期間じっくりと投資をすることができるためローリスクで、投資をすることが可能です。
今では、積立投資は月々10,000円からでもスタートできるので、少額というメリットは嬉しいですね。是非、積立投資をこの機会に始めてみましょう!

[5 3月 2015 | No Comment]

家賃収入で確実な収益を

不動産投資は実物資産型の投資の中でも、もっとも取引単価が高い分類の投資のひとつとされています。しかしそんな不動産投資の形は現在変わりつつあるようです。昔のように土地の売買で資産を増やすという取引方法よりも、より確実な収益を得られる方法が確立されました。それは家賃収入を得るという方法です。
家賃収入が不動産取引の主流になった理由なのですが、需要と供給のバランスの問題です。このまま放置すれば地価が上がるという物件であったとしても、買い手が見つからなければ不動産業者に二束三文で売り渡す事になります。いつ利益になるか分からない高額な実物資産を所持しつづけるというのは、投資家にとってはリスクなのです。
そこで不動産投資を家賃収入という考えに変えてみます。家賃は土地価格のようなまとまった資金を要求されません。土地そのままの状態よりも需要が増える上に、家賃収入は半永久的に手に入る可能性があります。確実に利益を出せる不動産取引としまして、家賃収入は土地売買より手堅い方法なのです。
しかし家賃を得るためには、土地そのままでは契約者は集まりません。建物付きの土地物件を購入するという方法が一般的ですが、最近ではマンションを1室から購入して家賃収入を得るという方法も広まっています。
海外の不動産に関心のある方は以下を参考にどうぞ。海外不動産の専門情報ブログ海外不動産投資の魅力について解説しているコラムです。

[26 1月 2015 | No Comment]

リスクを恐れていてはなにもできない

最近、投資を始める人が増えているといいます。その要因として、少額から投資をはじめられる環境が整っていることがひとつあげられます。また、投資は市場の情報をいち早く手に入れることが必須となりますが、その点についてもスマートフォンやタブレット、PCなどを使用してネットから市場を知ることが出来ます。
しかし、投資にはリスクがつきものです。リスクが怖いという人もいるでしょうが、リスクを恐れていては何もすることができなくなります。また、不況な時代、何もしないことが一番のリスクとも考えることができます。リスクを回避する方法をしては、投資で成功するための方法を考えるのが一番です。
投資で成功をするという強い意志をもつと、自然と思考は海外へと向きます。資本主義の限界ともいわれる日本では、あまり将来性はみこまれません。特に、海外不動産はとても追い風が吹いているので、今がはじめどきでしょう。また、マレーシアといった東南アジアがいまとても人気で、海外不動産でも取り扱いが増えています。また、不動産は高い利回りと配当金が期待できる投資でもあるので、できるだけリスクを抑えることができますね。
投資で、素敵な夢を叶えてくださいね。

[8 1月 2015 | No Comment]

積立でらくらく貯金をしちゃおう

〝積立〟は、今や様々な商品がありますよね。それぞれ、目的にあった積立プランを利用することで、「ちょっと貯金は苦手」という人もらくらく貯蓄ができますよね。その他、給与から一定金額を差し引いて積立をして、食事会や旅行に当てている企業もありますよね。
一見、給与からお金が引かれてしまい、自由に使えるお金がないと感じるのが積立ですが、使いようによってはとっても便利なんです。また、最近の注目ワードは〝年金〟ですよね。不景気が続く中、老後に不安を抱えている人も多いかと思います。国民年金も、本当に将来支払われるのか、不安ですよね。企業の年金を利用しているという人も多いことでしょう。
老後は、意外とお金がかかるものです。しかも、介護保険の負担額も増える傾向があります。それに、追い討ちをかけるように少子高齢化という現状は、日本に大きな試練を与えているかのようです。そんな時代だからこそ、しっかりと地に足がついた生活を計画していくことが大切です。
「月にいくら貯蓄すれば、何年後にいくら貯まるのか」ということから、積立について考え直してはいかがでしょうか?いまから、しっかりと老後の準備をすることで、大切なパートナーとの幸せな時間を楽しむことができるでしょう。

[19 11月 2014 | No Comment]

投資は興味をもった時期が始め時

今話題の投資。投資といっても、種類は様々で、代表的な株式や海外投資をはじめ、国債や定期預金などがあります。今では、個人投資のプランも充実しているので、低予算から自分のプランに合わせて投資をすることができます。
投資の魅力はなんといっても、世界感が変わるということです。一生懸命働いて、コツコツと貯金するだけでは手に入れることができない額が手に入った時の祝福は、なにものにも変えがたいものです。投資をはじめたきっかけは、ギャンブルがすきだったり、お金がラクして欲しかったりとそれぞれです。投資には、リスクもつきものですが、しっかりと知識をつけることでローリスクにもなります。しかし、なかなか初めての投資は勇気がいりますよね。
投資を始めたいけど、どれがいいのか迷っている人におすすめなのが投資信託です。
投資信託はプロにまるごとお任せできるので、投資の運用もラクラクです。投資は、楽しくするからお金がよってきます。お金にすかれる人になって、どんどんお金を引き寄せよう♪その先には、あなたが求める人生がまっていますよ!
人生は一度きり。思い切り楽しい日々を過ごすことで、悔いのない幸せな人生をおくりませんか?投資がそれを実現させてくれますよ。

[28 10月 2014 | No Comment]

短期投資と長期投資のイメージ

皆さんは投資というとどういったものを想像するでしょうか?おそらく多くの人が想像する投資というのは、株式や通貨などを購入し、利益が上がったタイミングで売却することで大きな利益を得る、というものかと思います。このイメージも投資としては間違っていないのですが、あくまでもこれは短期投資のイメージです。
実は投資にはこういった短期間で投資効果が現れるものだけではなく、長い時間を掛けて投資効果を回収しようとする長期投資というものも存在しています。では、短期投資と長期投資、どちらの方がよいのでしょうか?
これは一概にどちらが良いということはできません。短期間でもって大きな財を築こうとするなら短期投資に軍配が上がりますし、リスクをできるだけ少くして資産を運用したいというのであれば長期投資の方が有利となります。
投資を考える時に重要なのは、自分が求めている投資のスタイルを正しく把握することです。長い時間が掛かっても良いので、確実に資産を増やしていきたいとかんがえるのであれば、長期投資を選択する方がよいでしょう。長期投資の方が短期投資よりも把握しておくべきノウハウが少く、比較的低いハードルで始められるというのもポイントです。
30─40代は金融危機下でもヘッジファンドに積極投資(アブラハム高岡氏)

[8 10月 2014 | No Comment]

Contributors